色持ちの良い白髪染めの選び方とは?

色持ちが良い白髪染めの特徴は? 色持ちの良い白髪染めの特徴は、染料が髪の内部までしっかりと浸透するというところにあります。キューティクルの表面を染料でコーティングするタイプの白髪染めだと、すぐに色落ちしてしまうということです。染料が髪の内部に浸透して定着すると、基本的には色落ちせずに長期間にわたってキープすることができます。ですから、染料の浸透力に注目することが重要となります。
キューティクルを剥がしてしまうものはだめ!

染料が髪の内部に浸透することは大事ですが、その際にキューティクルを剥がしてしまうものはよくありません。髪が傷んでしまうのはいうまでもありませんが、キューティクルが剥がれたところから、染料が抜けていくので、結局は色落ちしてしまうことになるからです。

白髪染めベストアワード大賞【色持ち】部門 ランキングBEST3発表!

煌髪
染料浸透力:98点 キューティクル保護:97点
キューティクルを剥がさずに髪の内部に染料を浸透させることができる白髪染め。浸透性に優れた特許成分「ヘアケアキューブ」を配合することによって、色持ちを極限まで高めることに成功しています。
シーエッセンス
染料浸透力:95点
キューティクル保護:89点
髪の内部までしっかり染まる医薬部外品の永久染毛剤なので、1回染めただけで染毛効果がとても長持ちします。
若髪
染料浸透力:92点
キューティクル保護:86点
キューティクルよりも分子の小さいHC染料を使用しているので、髪の内部からしっかりと染めることができます。

最も色持ちが良い白髪染めはこれ!

長期間色持ちをキープできるのは煌髪です!

煌髪の色持ちが優れている理由は髪の芯から染まる新技術を採用しているから。その技術を活かした特許成分「ヘアケアキューブ」が髪の芯まで浸透するので、すぐに色落ちするのを防ぐことができます。
さらに、色持ちを高める大きな要因となっているのが、キューティクルを傷めずに染料を浸透させているというところです。キューティクルがダメージを受ければ、そこから染料が漏れてしまうので、色落ちしやすくなります。
煌髪はキューティクルを一切傷つけることないため(むしろトリートメント成分でキューティクルを補正してくれる)、浸透した染料が髪の内部にしっかりと定着し、長期間にわたって仕上がりをキープすることができます。


色持ちをよくする特許成分「ヘアケアキューブ」が配合されているのは煌髪だけ!
煌髪の詳細はこちら
白髪染めの悩みで上位にくるのが、一度染めてもすぐに色落ちしてしまうこと。そこで、一度しっかりと染めたらほとんど色落ちせずに長期間キープできるものを白髪染めベストアワード大賞【色持ち】部門として厳選しました。色落ちを防ぐためにどんな技術が採用されているのを詳しく調査し、判定しています。